リフレッシュできた宮古島

家が貧乏だったため進学塾にも通えずに1年浪人して私立の一流女子大に入学したんですが、

入学金や学費で数百万円ほど借金があったため、その奨学金の借金を返すためにバイトをしてお金を返してました。


2年生の時に友人から20歳なら大学の夏休みは2カ月以上あるんだから、

それ期間を利用して宮古島のリゾートキャバクラで働きながら楽しいリゾートも楽しんでくればとすすめられました。

大学に入ってからまったく遊んで無くて苦学生のような生活をしていたので、

キャバクラという夜の商売で不安がありましたが、応募したら採用が決まったので夏休みの2カ月間働いてみました。

初日は凄い不安でしたが、お客さんも優しい人が多くて楽しく雑談しているうちに仕事が終わりあっという間でした。

午前中から夜の出勤時間までは、フリータイムで仕事で知り合った同じ境遇の女子大生の友達と宮古島のリゾートを楽しみました。

夢のような2カ月宮古島のキャバクラバイト生活はあっという間に終わり、

楽しい夏休みを過ごしながら無理なく働くことができて、とてもリフレッシュできました。