宮古島のキャバクラで楽しく働いています

宮古島のキャバクラで仕事をすると家族に言った時には、心配されることもありました。

というのは、家族は実際に私が働く場所である宮古島のキャバクラを見たことがなかったからなのです。

心配をさせたくないと思ったので、現地の生活が慣れた時にはしっかりと家族にも写真を送るようにしました。

すると、家族も安心したようだったので、宮古島のキャバクラの仕事に理解を示してくれるようになり良かったと強く感じています。

もともと宮古島のキャバクラのイメージを想像していなかったのですが、想像していた以上に楽しい環境であるということがわかりました。

お客さんに指名してもらうことができた時には、笑顔になる機会もたくさん増えて言ったのです。

お客さんや同僚たちから勇気や元気をもらって気分を支えてもらうこともあります。

自分が叶えてみたいと思った宮古島のキャバクラの仕事であるために、今後も楽しみながら諦めずに取り組んで行くつもりでいます。