キャバ嬢が天職かも笑

都内で会社員として働いていましたが、閉塞感に耐え切れず、会社を辞めて貯金だけをもって宮古島に避難しました。

綺麗な海と明るい太陽を見ているだけで少しずつ心が癒されましたが、貯金が底をついてしまいました。

家に帰るための飛行機チケットを購入するお金がなかったので、宮古島のキャバクラで募集していたリゾキャバに応募しました。

短期間でもOKであり、さらに賃金も魅力的だったことから働くことにしました。

会社員としてしか働いたことがなく、キャバクラは聞いたことがあったけれど詳しいことも全く知りませんでした。

しかしお店のスタッフに、とにかく楽しく会話をしたらいいと笑顔で迎え入れてくれたので、気持ちがほっとしました。

おかげで3ヶ月目に突入していますが、キャバ嬢で働くことが楽しくて、自分のこの職業は向いているのではないかと感じます。

あと半年ほどはリゾキャバで働いて、お金をためて移住するか帰るか決めるつもりです。